ブラック企業の見分け方、転職する前に

ブラック企業かホワイト企業か?なんてことは基本的には入社して、実際に働いてみないとわかりません。

しかしながら、「前職を退職して転職したら聞いていた求人条件の内容と違うので、もう一回辞めた会社に入社させて下さい」とか「前回、提出した辞表はなかったことにしてください」なんてムシの良い話は通りません。

実際に入社してみたら求人票に書いてあった内容と違う!という場合、

具体的には、

@給料が安い。

@労働時間が長い。残業時間が長い。休日出勤がある。

@違う職種の仕事をやらされることになった。

@勤務地が違う、僻地や海外に異動になった。

また求人票に書いてなくても、

@会社内の人間関係が悪い。

@将来的な展望が見えない。

@何のスキルも身につかない。

@会社が近い将来、吸収合併されそうだ。

@過労死で亡くなった人がいる。

@社内恋愛、社内不倫が盛んな企業風土である。

@パワーハラスメントが普通にある。

@社風が宗教団体のようである。

@社長や上司が宗教にハマって勧誘してくる。

などなど、、たくさんあるはずです。

有名な東証一部上場企業でもブラックな会社はいくらでもあります。大手広告代理店で自殺者が出て、過労死扱いされたこともありました。

新卒のときの就職活動であればOB訪問をすることで、何となく感触をつかむことも出来ないではないかもしれませんが、既卒の場合、実際にその会社で働く人と出会って会社の内情を聞くということは難しいかもしれません。

そこで、転職活動をする前に是非、やってもらいたいのが実際に、その会社で働く人の口コミを集めたサイトでの情報収集です。

こんな風に無料登録することで、実際に働く人の生の声、退職した人の本当の理由などを知ることが出来ます.年収、給与明細、社内恋愛の状況までわかります。

↓是非、こちらから無料登録して、実際に働く人の本当の声を調べて下さい↓

ブラック企業で働くことになると、人生が狂います。人生を棒に振らないために事前の調査を、しっかりしましょう。ブラック企業の見分け方としましては求人サイトに無料登録して口コミ、評判を確かめる。これが一番確実ではないでしょうか?

⇒あなたが転職できない本当の理由



昨日と同じ明日を繰り返しますか?

昨年と同じ来年を過ごしますか?

変わりたいなら行動しましょう!






PAGE TOP ↑