職場の気難しい上司.墓穴を掘って左遷される!

職場に気難しい上司がいます。

みんなが縁を切りたい、関わりたくないと言っています。

厳密にいうと「元上司」です。

当時、この男性は係長だったのですが、上司の課長からも「使いにくい」と敬遠されていました。

当然のことながら同僚、部下からも人望がありません。

社内的な飲み会(忘年会など)取引先との歓送迎会などにも呼ばれません。

「あいつが来ると座がしらける」と言われます。

職場に親しい人間は誰もいません。

休憩時間も、ぼっちですが本人も周囲もまったく気にしていないようです。

吸収合併により親会社が変わり、人事体制が変更されると真っ先に、この気難しい係長がターゲットにされました。

左遷です。

左遷

左遷により、かつての部下が上司になり、同僚になるのです。

ただでさえ、気難しい性格がますます難しくなりました。

同僚が休んだ時の欠員対応を依頼されても、手抜きをした仕事をします。

失敗しても、他人のせいにします。

決められた手順を守らず、勝手に自分のやり方を押し通し、効率を落とします。

ますます自暴自棄になりました。

こうした病気?というか性格は死ぬまで治らないものなのでしょうか?

こうした周囲の足を引っ張る行為が、さらに自分の立場を悪くしていることに気付いていないか、気づいていてもどうにもならないのです。

閑職

結局、この気難しい上司は、さらに閑職へ左遷されることになりました。

どうやら会社側でも、自分の口から「辞めます」というのを待っているような状況のようです。

解雇、退職もそれほど遠い将来のことではないでしょう。

仕事の失敗を上司が部下に押し付ける

同僚のC君がが上司に提出を求められていた書類がある。

一応、同僚のC君は期限内に書類を提出して上司からokをもらった。

ところが上司は、その書類を紛失、無くしてしまったという。

本来なら始末書ものではないか?

しかも、上司は自分の失敗を認めて謝るどころが、よりによって全く関係のないワタシのせいにしたという。

いわく、私がどこかにやってしまったとか、何とか。。

 

同僚のC君が書類を提出して2日ほど私は休みだった。

書類の中身がどんなものなのかもしれない。

まったく冗談ではない。

成功したら自分の手柄、失敗したら部下のせい。

こんなことだから、この上司は人望がなく誰も付いて来ないのだ。

そして本人は、そのことに気付いていない。

自分は仕事の出来る人間だと勘違いしている。

アンタが、今現在の職場で我々の上司なのは、ただ単にそこの職場での職歴が一番長いだけ、それが理由。

それで、なぜその部署での職歴が一番長いかというと、同期や後輩が出世や人事異動でいなくなっただけ、別にアンタが実力で出世したわけでも何でもないのだよ。

と、皆、口に出しては言わないが腹の中では思っている。

しかしながら、自分自身が部下や同僚から好かれていない、嫌われていることについては、自身でも自覚はあるようである。

周囲から嫌われていることについて本人が、どのように思っているかは不明であるが。

今度の飲み会も、この上司抜きでやる。誰もこの上司を誘わない。

それで紛失した書類であるがC君、つまり私の同僚は再度、提出を求められたという。

当たり前のような顔をして来週までに提出しろ。

その書類を元に仕事をしないといけないから、と言われたという。

人望がない人間は、常に自分のことしか言わない。

いつも自分の都合しか考えない。

部下には全体のことを考えて仕事をしろ、周囲の人間に仕事をしやすい環境を作ってやれ、というくせに、自分が失敗したら、こんな態度である。

人は何を言うかではなく、何をするかで判断するべきであると、どこかで聞いた記憶がある。

全く以って至言である。

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑