風俗嬢を辞めたい

あなたは今、風俗1本で働いていますか?

それとも昼職との兼業でしょうか?

昼職との兼業であれば、上がるにもそれほど問題はないかもしれません。

問題は風俗1本で働いている場合です。

履歴書、職務経歴書にウソを書いてもバレたら、余計に厄介ですし、そもそもお店の名前を正直に書いて採用してくれる、まともな会社があるとも思えません。

しかしながら、あなたも気合いと根性で、今までこの仕事で頑張ってきたのです。

女性を売り物にする職場ですから、美貌についても平均以上のはずです。

また、接客についてはプロのはずです。

場合によりますが、営業や販売業などの仕事が良いかもしれません。

女性用下着や化粧品、エステサロン、「プロの女性」だからこそ出来る仕事がきっとあるはずです。

まずは、自分の労働力としての価値を知ることから始めませんか?

いつまでも出来る仕事ではなく、若い間にしか出来ない仕事でしかないことは、あなたも理解しているはずです。


⇒転職シミュレーションをやってみる


奨学金返済のために風俗嬢になる

大学進学は、本来ならばより豊かな暮らしを手に入れるためですよね。

高等教育を受ければ、より有利な職業選択の自由がある。

そう信じていたかもしれません。

しかしながら、親元を離れて暮らす一人暮らしの場合は特にそうですが、学費、授業料、毎日の生活費、とてもコンビニのアルバイトだけでは賄いきれない。

そうした理由で風俗店のドアを叩く女性も多いものです。

幸せな人生を手に入れる予定が、かつては「苦界」と呼ばれた場所に足を踏み入れる。

@キモ客を相手に性行為をしなければならない。

@自分の父親ほどの相手の男性が来店する。

@知人が店にやってきたら、どうしよう?

(実際に高校の時の同級生が客としてやってきて、昔の友人に風俗嬢をやっていることを広く知られてしまった!なんて女性もいます)

(昼職と兼業でやっている場合、会社の人間や取引先の男性が客でやってきた。風俗嬢をやっていることをバラすと脅迫されて、店外を求められて無料で毎週、奉仕されている、なんて話もあります)

@性病の危険性がある。爆買いの外国人が持ち込んだ梅毒が花街をで猛威を振るっています。

母体が梅毒に感染した場合、産まれてくる子供にも先天性梅毒の可能性があります。

避妊のためのピルを飲んでいる時に、何か虚しさを感じませんか?

そんな何かに怯えるような生活に終止符を打ちませんか?

まずは弁護士に無料相談してみては、どうでしょう?

 

パイパンにする

外国においては(特に欧米圏)では女性が陰毛を処理することは珍しいことではありません。

アジアでもフィリピンなどでは普通に女性が陰毛を処理しています。

余談かもしれませんが男性も欧米では普通に陰毛の処理をしています。

しかしながら、日本では陰毛を処理している女性は、外国人男性と付き合っているといった場合を除き、まだまだ少数派です。

日本では毛じらみなどの性病対策でプロの風俗嬢は、かなりの確率でパイパンにしています。

さて、あなたが風俗嬢をあがって好きな男性が見つかったとします。

彼氏に「どうしてパイパンなの?」と訊かれた場合、あなたは何と答えますか?

参照 陰毛脱毛処理

性病の危険

性病の危険が風俗嬢には常についてまわることは、あなたも理解しているはずです。

特に昨今、爆買いの外国人が訪日するようになってから梅毒などの性病が蔓延するようになったことは知っていますよね。

これはNS,S着のお店には関係ありません。

梅毒は唾液感染もします。

 

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑