逆パワハラの事例、部下からのいじめ

高校卒業後、新卒で大手メーカーに入社した若者がいました。高卒ですから工場の現場の仕事です。ちなみに子供時代のアダ名は「のび太くん」です。ドラえもんの主人公、のび太くんにそっくりな風貌をしています。ただし漫画のドラえもんと違うのは、こののび太くんには困った時に助けてくれるドラえもんがいないということです。問題が発生したときには自分で解決しなければなりません。

この「のび太くん」不器用ながらも、それでも真面目に仕事をして会社では、それなりに出席して数人の部下を使う立場になりました。部下には正社員だけではなく派遣社員もいます。

「上司」と呼ばれる立場になっても、それなりに順調に仕事をこなしていました。それから、ほどなくして派遣社員で新しい男性が入って来ました。その派遣社員は、子供の頃からの天敵「ジャイアン」です。ジャイアンは子供の時から身体も大きく、ケンカをしても負け知らず、怖いもの無しのガキ大将でした。中学校で不良デビューして、一応高校へは進学したのですが、夏休み前の一年で中退しています。高卒の資格もありませんから、まともな会社では雇ってもらえるはずもなく、仕方なく派遣社員になったというわけです。

このジャイアンが入社した時、のび太は一瞬、イヤな予感がしました。子供時代の忌まわしい記憶がよみがえります。

会社でジャイアンがのび太くんと顔を合わせた時、ニヤリと不気味な笑いを浮かべました。

のび太くんの予感は的中します。上司として部下のジャイアンに接するのですが、ことごとくナメられてしまいます。

朝礼で「おはようございます」のあいさつをしても無視。仕事の予定を説明していても、横を向いて聞いていない素振りです。仕事で失敗しても「テメーの説明が悪いんだろ!おう!」で逆切れです。

上司からのパワーハラスメントは聞いたことがありますが、部下からのパワハラ、いじめは初めて経験するものでした。しかも相手は労働組合にも加入していない正社員ではない派遣社員です。

困った「のび太くん」が上司に事情を説明しても「何だ?派遣社員の一人も管理できないのか?部下の管理も仕事だぞ!」と逆に評価を下げられる始末です。相談どころではありません。

そうこうするうちにジャイアンは明らかに仕事の手を抜き始めます。トイレに行く振りをして「大」の個室に入りタバコを吸う。それでしばらく戻ってこない。

あきらかに不良と分かる製品を下工程に流す。不良が発見されるたびにラインはストップします。不良発生を告げる赤いランプがラインの上で回りっ放しになります。

生産の出来高の数字もジャイアンが来てから右肩下がりになります。ノルマは当然、未達です。のび太君は上司にも詰められるようになりました。理由を説明しても上司からは、「オマエは人の管理が出来ないんだな」と言われる始末です。

のび太くんは、うつ病になりそうでした。異動願いを出すことも考えましたが、「こんなものを持ってくるくらいなら辞表を持ってこい」と言われそうなので、それも出来ませんでした。

さらに、それからしばらくして冷や汗が吹き出しそうになる出来事がありました。会社側の方で人材不足を理由に派遣社員を正社員にする動きが出てきたのです。

派遣社員を正社員にしたことは過去にもありました。このときの条件は年齢的に20代、30代であること。仕事の評価が良いこと。この2点でした。この時には派遣社員の約40パーセントくらいが正社員になりました。

もし仮に、ジャイアンが正社員になった場合、自分と同じく職場集会にも参加するでしょうし、場合によっては現在、部下であるジャイアンが自分の上司になる可能性だってあるのです。のび太くんは、しばらくは生きた心地がしませんでした。今日も会社に行かなければならないと思うと心臓がバクバクして胸が苦しくなるのです。

結論から言うとジャイアンが正社員になることはありませんでした。仕事ぶりが悪いので評価も低かったのでしょう。

それからのジャイアンは荒れました。中卒の自分にも正社員になれるチャンスがあるかもと期待していたのが裏切られたのです。誰かれ構わず怒鳴り散らすようになりました。欠勤も目立つようになりました。

そんなこんながありましたが、結局、半年ほどでジャイアンは同じ派遣会社の人間と会社の中で殴り合いのケンカをして、おまけにケンカの後で怒ったジャイアンは、そのまま家に帰ってしまったのです。

ジャイアンは職場放棄で帰宅したという理由で契約打ち切り?契約違反?とかの理由で解雇になりました。ちなみにケンカの理由は「口のききかたが気に入らなかった」という子供じみた理由です。部下からの逆パワーハラスメントには、こんな事例もあります。

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑