MSからMRへ転職したい


⇒転職シミュレーションをやってみる



こんにちは。管理人の転職王子、ヤメタイジョーです。今回は「MSからMRへ転職したい」というテーマです。

私の友人でMS(医薬品卸の営業)からMR(医薬品メーカーの営業)へ転職した男がいます。

彼は瀬戸内海を一望できる港町で生まれ育ち、地元のそこそこの進学校から関西の中堅私立大学へ進学、卒業後は長男なので仕方なく地元に帰りました。Uターン就職ですね。

折からの就職氷河期の時代です。なかなか採用は厳しかったのですが、一社だけ内定を貰えた会社、それが医薬品卸の会社だったといいます。いわゆる地場卸です。彼は文系卒で理系ではありません。なので、無論、薬剤師の資格も保有していません。

それで、どんなことを仕事としてするかも知らずに入社したわけですが、、、
早い話が医者の雑用です。掃除作業と呼ばれることもあるようです。

犬の散歩、洗車、タイヤ交換,往診の送迎、庭の草むしり、ドクターの奥さんから近所のスーパーでコショウを買ってこい。屋根の上でフンをしているノラ猫を捕まえて来い。

とにかく、ありとあらゆる雑用をしなければならなかったといいます。
人間としての尊厳は、この仕事に就くことによって失われたと彼は言いました。 それで、この雑用を大量にこなせばこなすほどドクターからは点数が高いセールスとして認識されます。

この元MSが言うには「士農工商、イヌ、クスリ屋という身分制度が医療業界にはある。ドクターの飼っているイヌは人間であるクスリ屋よりも、扱いが上なのだ。だって、ドクターは自分の飼い犬は大事にするけど、人間であるクスリ屋は大事にしない。まるで江戸時代の「生類憐みの令」みたいなものである。

この身分制度で、一番上の「士」に当たるのが大病院のドクター、次が「開業医」そして次が病院でクスリの発注権を持つ婦長や薬局長、事務長などの人たち、次が看護師、その次がドクターの飼っているイヌ、その下がクスリ屋なのだ。

さらに言うとクスリ屋にも二種類あってMR(医薬品メーカーの営業)と、MS(医薬品卸の営業)に分けられる。MRの方が給料、その他の面で厚遇されていることは間違いない。少なくとも雑用からは解放されているはずだ。

というような内容の話でした。それで、彼は人間としての尊厳を取り戻すべく、 会社を辞める、転職することにしました。利用したのは、ネットで情報収集できる無料登録の転職サイトです。

彼はMSとしての経験を活かし、MRに転職しました。瀬戸内海を眺めて育った彼ですが、現在では海のない長野県でMRとして仕事をしています。

転勤のないMRの職を選択することも可能であったけれど、彼は将来的なことを考えて転勤もありうる営業職を選びました。現在、彼は自分の職場環境に満足しているようです。

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑