あせも対策を大人のおしりに

こんにちは。管理人の転職王子、ヤメタイジョーです。今回は「あせも対策を大人のおしりに」というテーマです。

夏場、工場で汗だくになって仕事をしていると下着もベチョベチョになりますね。
更衣室で会社の制服を私服に着替える時に、黒いシャツを着ていたら塩の白い線が浮いていた、なんてことは私も経験があります。

下半身で特に気持ち悪いのが肛門周りです。
汗と自分の尻の肉でグチョグチョになります。排泄後に、きちんと紙でふいたはずなのに、拭いていないような錯覚を感じたりします。そして、何か肛門の周囲に違和感を感じるなと思ったら、あせもが出来ていたりします。

あせもというと赤ちゃんの専売特許のような気もしますが、大人のおしりだって人間の皮膚ですから条件が揃えば、あせもにもなります。熱中症対策といい、あせもといい夏場の工場は大変ですね。

蟻の門渡り、いわゆるアイゾーンから肛門までが一番不潔になりやすく清潔にするべき場所です。肛門周りに付着した排泄物と汗が混じると、何とも言えない不快感が下半身を襲います。雑菌も、目には見えませんが繁殖しているはずです。仕事が終われば入浴して、シャワー、石鹸できれいにしましょう.男性ならば陰嚢の裏も気持ちの悪い箇所かもしれません。
また、履く下着によっても蒸れ方が違いますよね。ビキニタイプは最悪です。ボクサーブリーフみたいなものも駄目ですね。一番良いのはトランクスタイプの下着でしょうか。風通しを良くすることが肝心です。

それと、ふと思ったのですが、もしかしてアセモというのは皮膚をふやけさせるというか、溶かすような状態になるのかもしれません。脇も赤く腫れて痛いし、首筋もヒリヒリと痛くなります。首筋は服の襟がこすれて痛いのです。

肉の具合がおかしいです。

wakiasemo

また、会社支給の制服、作業服を着て仕事をすることになっているかと思いますが、夏場はにおいが酷いので作業服もこまめに洗って新しいものを着ましょう。悪臭を放つと周囲から、文字通り「鼻つまみ」の扱いを受けることになります。支給される制服に限りがある場合は、新しいものを自腹でも構わないので注文した方が良いかもしれませんね。それで、この作業服ですが、会社によっては刺繍でネームをいれてくれる場合もあります。まるで背広のようですね。それで、この名前を刺繍で入れてもらう場合は、時間がかかることが多いので、早めに発注しましょう。

私の場合、肛門周りと陰嚢の左側に、何故か集中的にアセモが出来やすいようです。皮膚を引っ張ってみると、蚊に刺された跡のように数珠つなぎになってアセモが出来ていることもあります。やはり股間は汗をかいて不潔になりやすい場所なのでしょう。

有名なジューイッシュバス(ユダヤ人の入浴方法)では股間、腋の下、耳の裏の3か所を重点的に洗うといいます。ユダヤ人は水のない時でも、この3か所だけは清潔に保つように努力するといいます。日本マクドナルドのオーナー故藤田田氏が、喫茶店などで、おしぼりで耳の裏をゴシゴシと拭いていたというのは有名な話です。もしかして、アセモにもジューイッシュバスは効果的かもしれません。なお欧米圏のユダヤ人は男女ともに陰部の毛を剃っています。これは欧米では普通のことです。

参照、アンダーヘア脱毛

この原稿を書いている時に机の上を小さな変な虫が横切りました。速攻でテイッシュで潰してゴミ箱に捨てました。夏は雑菌だけでなく変な虫も繁殖します。注意が必要です。

最高気温


今日の最高気温は35度だったらしい。群馬県では38度とのことでした。日勤を終えて布団に入ると布団までもが熱っぽい。

机の上にムカデがいました。テイッシュでくるんで捨てました。工場勤務は人間以下の仕事。奴隷の仕事ではないか?暑くて寝苦しい夜でした。それにしても暑い。今日も真夏日でした。平均気温は何度だったのでしょうか。ポケットに入れておいたタバコの箱が汗で崩れてしまいます。崩れるというより溶けるという表現の方が的確かもしれません。今までの中で一番、苛酷な暑さの現場です。あせもで大腿部、ふとももがヒリヒリします。作業服のズボンが汗の塩分でバリバリになる。床に置いたら崩れることなく立ってしまうくらいである。プラモデルのようになっている。三交替を辞めるには、どうすれば良いでしょうか?

関連記事

  • 熱中症対策、安全対策を工場で
  • error: Content is protected !!
    PAGE TOP ↑