社風が軍隊か宗教のような


⇒転職シミュレーションをやってみる


こんにちは。管理人の転職王子、ヤメタイジョーです。今回のテーマは「社風が軍隊か宗教」です。以下は私の友人の体験談です。

この友人は某メーカーにお勤めでした。工場勤務です。それで彼の職場では朝礼の最後に必ず、上長が部下に対して「お願いします!」と大声で言うのです。また部下たちも、これに返答するかのように「します!」と大きな声で返さなければならないというのです。

いったい、いつからこのような体育会式の軍隊か宗教団体のような朝礼が始まったのかは不明ですが、彼も最初は随分と違和感を感じたそうです。(今も違和感は残っているそうですが)

「お願いします!」とは何をお願いするのですか?とそれとなく上司に訊ねてみたところ、オマエはまだ洗脳が足りないと真顔で言われたそうです。宗教団体か?

この時から、彼はこっそりと転職活動を始めたといいます。

またメーカーですから、工場でのカイゼンは業務の一環としてあります。そして、この
カイゼン発表会でも大声で挨拶しなければならないそうです。まるで応援団の雄叫びのようであったと彼は言います。ただデカイ声で叫ぶだけなので、正直、何を言っているのか、まったく言語としては聞き取れないのが普通だと言います。

それでも、戦場での雄叫びのような声で、この発表会は叫ばなければ、やり直しを命じられることもあるそうです。数字という業績ではなく、バカみたいなデカイ声が評価される会社とは、いったいどういう会社なのでしょうか?

そして、このカイゼン発表会では、最後に参加者全員で「カイゼンは永遠に無限である」と叫ぶそうです。まるで「長嶋茂雄監督の巨人軍は永遠に不滅です」のように聞こえるのは私だけでしょうか?

私の友人は「洗脳される前に」といって転職してしまいました。もっとも洗脳されたふりだけして会社に残り給料をもらい続ける人も多いらしいですが。

面従腹背というやつでしょうか?彼が言うには上司も、こうした軍隊式、宗教団体のような社風に疑問を持ってはいるが、それを表に出さないだけであると。

そして従順に順応したふりだけして給料をもらっているのではないかということでした。

関連記事

  • 13の徳目は宗教なのか?
  • ⇒あなたが転職できない本当の理由



    昨日と同じ明日を繰り返しますか?

    昨年と同じ来年を過ごしますか?

    変わりたいなら行動しましょう!






    PAGE TOP ↑