40代、中高年の再就職

通常、中高年ともなると再就職はかなり厳しいものです。派遣社員でもなかなか求人募集は少ないのではないでしょうか。40歳代、50歳代でも雇ってもらえるとしたら警備員、ガードマン、道路の交通整理くらいかもしれません。

再就職が難しい理由はいくつかありますが、そのうちのひとつに、これから先の働く時間が短くなるということがあります。20歳の若者なら、これから先、勤務先の会社で約40年働く、会社に貢献することになりますが、59歳の人間であれば残りは1年しかありません。仕事を覚えた頃には定年退職になります。

しかしながら、いくら高齢と言っても、それまで遊んできたわけではありません。それなりのキャリアを積み上げてきたはずです。

営業や経理など、何らかの仕事をしてきたはずです。であるならば、今までやってきた職種と同じような仕事をすれば良いだけです。20歳台の時のように、経験のない職種、業種への転職は難しいかもしれませんが、似たような職種であれば、出来ないことはないはずです。

まずは転職シミレーションをして労働力としての自分自身の市場価値を知ることから始めましょう。


⇒転職シミュレーションをやってみる


40代の転職と年収

40歳以上の転職で気懸りなことと言えば年収が下がることではないでしょうか。扶養しなければならない家族がいたり、住宅ローンの返済を抱えていたりする場合、給料が下がることは死活問題ですね。社風や職種で希望条件にマッチする求人募集があっても給料がネックになって転職を思いとどまることもあるかもしれません。そんな時はまず転職シミュレーションで自分の市場価値を知ることから始めてみても良いかもしれません。

再就職 うつ病

かつて長い間、一緒に仕事をしていたことのある女性が「うつ病」を発症して会社に来なくなったという話を同僚から聞きました。

何でも聞くところによると人事異動で新しい部署に配属されたのですが、そこの部署で仕事が合わないのか、人間関係が合わないのかは不明ですが(おそらくは両方)相当なストレスを溜め込み、「うつ病」になったというのです。

今まで男性の、うつ病はたくさん見てきましたが女性の鬱病は初めて聞きました。

ちなみに、この女性は30代の独身です。性格的にかなり男勝りなところがあり、勝気な女性でした。男性には負けたくないという考えで仕事をしてきたのかもしれません。

私が今まで見た来たパターンでは鬱病になって職場復帰した人間は一人もいません。職場に居づらくなり、皆、自己都合で退職していきました。

うつ病で退職した場合、理由はなぜか不明ですが、ハローワークでも再就職は決まりにくいようです。

私が見てきた鬱病での退職者は、ほぼ全員が転職サイトを利用して再就職を決めました。おそらくは希望の条件等を細かく設定できるからではないでしょうか?

吸収合併による昇進差別、賃金差別

基本的に吸収合併された方の会社の従業員は給料が上がりません。労働組合も別であることもあります。労働組合が別なのですから賃金体系も別です。

吸収された会社側の従業員が出世コースに乗り、管理職にまで昇進することは、まずありえないでしょう。

多くの場合は追い出し部屋に押し込められたり、閑職に左遷されたりして暗に退職を強要されます。

同じ仕事をして同じ会社の制服を着ているかもしれません。しかし、かつての南アフリカの黒人と白人のようなもので差別待遇は絶対にあります。?同じ会社の同じ従業員といっても差別されているのです。かの国の白人と黒人と同じように差別されているのです。何となく違和感を感じたアナタ!は正しい!周りを見てごらんなさい。
何の疑問も抱いていないない人間がほとんどではないですか?

事の本質、真実に気づきましょう!

PAGE TOP ↑