安全靴で足の変形、爪のひび割れ、痛い

足

こんにちは。管理人の転職王子、ヤメタイジョーです。今回は安全靴についてのお話を伺ったので紹介させて頂きます。

結論を言うと痛くない安全靴は

⇒これです!

この安全靴でダメなら全てダメと考えても、あながち間違いではないと思います。

工場での仕事は、安全靴を履いて仕事をしなければならないことになっています。ガソリンスタンドなどでも安全靴は必須とされていますね。工場の仕事での安全靴は保護具とされています。軍手や耳栓、帽子、ヘルメットと同じような扱いです。

それで、この安全靴ですが、かかとにエアーの入ったものや、メッシュで通気性の良いものなど、いろいろなものが販売されていますが、すべて先端部分に鉄が入っています。先っちょに鉄が入っていないものは安全靴ではありません。
それで、この安全靴を長い間、履いていると必ず出てくる問題が足の痛み、変形、爪のひび割れです。

金属のかたまりで足の表面を覆っているわけですから、形が変形するのも当然といえば当然です。職業病の一種と言えるでしょう。

私も小指の爪は変形して潰れてしまいました。機械で踏みつぶしたように醜い形になってしまいました。人差し指と親指の間には巨大な魚の目が発生しています。薬指の爪は丸まってダンゴムシのようになっています。左足も右足も両方、変形してしまいました。

親指の爪も割れて変形してしまっています。しかし、こんな爪でも、やっぱり伸びてきます。伸びて来た爪は切る必要がありますが、これだけ変形していたり、割れていたりすると非常に切りにくいものです。
爪を切るたびに、何だか悲しくなります。親は私のことを五体満足で産んでくれたのに、私は自分で自分を奇形にしてしまったのではないか?という思いが頭をよぎるのです。

こんな時に、ふと思うのです。

会社を辞めようかな?仕事をやめようかな?


⇒あなたが転職できない理由


安全靴を履かない職場

いくら痛くない、軽い、重くない、といっても安全靴です。

つま先の先端部分に鉄ではなく樹脂が入っていても痛いものは痛いのです。

一番手っ取り早いのは安全靴を履かなくてもよい、軽作業の工場で働くことです。

そんな仕事あるのかな?と思ったあなた!

まずは無料登録をして、どんな求人があるかだけでもチェックしてみましょう。

工場勤務でも安全靴を履かなくて良い職場はいくらでもあります。

⇒工場求人サイトに登録

 

安全靴の通気性


安全靴は先端部分が鉄で覆われています。それ以外の部分も通気性の悪いビニール素材です。

当然、仕事をすると足も汗をかきます。通常、会社から支給される安全靴はメッシュ素材とか、カカトにエアーの入ったものはありません。通気性が悪い靴なら靴の中はモワモワです。

夏場は特にそうでしょう。また冬場は雪道を歩くと靴の中がベチョベチョに濡れます。安全靴は防寒靴ではないので当然ですね。夏場は靴の中がムレムレになるので、もしかしたら水虫になるかもしれません。安全靴は仕事が終わったら除湿剤を入れておくべきかもしれませんね。

小指に角質、ウオノメが出来ている。小指の爪も当然のごとく変形してしまっている。薬指の爪の潰れ方が一番酷い。親指の爪は潰れてはいないが、割れている。まともな爪はもはやないのか。
親には五体満足で産んでもらった。しかしながら、この変形してしまった足と爪は、もう一生、元に戻ることはないのだ。

安全靴で魚の目が


仕事が終わって足が痛いので見てみるとウオノメの部分が黒くなっていました。おそらくは鬱血しているのでしょう。こんな時は足の角質を風呂上りにハサミで切ることにしています。風呂上りは皮膚が柔らかくなっているので、切りやすいのです。これで応急処置は完了です。しかしながら、2・3週間もすると、また安全靴と擦れてウオノメが出来ます。結局、もとの木阿弥です。この仕事を辞めない限り、根本的な解決にはなりません。

それでウオノメが出来た時の対処方法ですが、魚の目、つまり身体の一部をハサミで切る。これしかありません。皮膚科で診察してもらったときも同じような治療方法でした。痛い思い、辛い仕事をして稼いだゼニで炭水化物やタンパク質の栄養を摂取する。そして、このたんぱく質で出来ているであろう皮膚を自分自身でハサミで切って、捨てる。まるで893が指をつめる以上の自傷行為ではないですか。靴の形が決まっている以上、足の指が変形する場所が決まっていく。ウオの目が出来る場所は100パーセント同じです。

%e3%81%b5%e3%82%8d%e3%81%82%e3%81%8c%e3%82%8a%e3%81%86%e3%81%8a%e3%81%ae%e3%82%81%e3%82%92%e3%83%8f%e3%82%b5%e3%83%9f%e3%81%a7%e5%88%87%e3%82%8b
風呂上りにウオノメをハサミで切った。これは人間の皮膚の角質化したもの。細胞の一部である。
あー、気持ちわるい。

足の爪が化膿した


魚の目から圧力を受ける形で爪が割れる。なおかつ、そこに雑菌が入る。痛くてたまらない。足の爪は何科の病院に行くべきか?整形外科か?内科か?まさか産婦人科ということはないであろう。調べてみると皮膚科であった。診断の結果は化膿ということで抗生剤の軟膏を処方された。

ゲンタマイシン軟膏。。あまり効かなかったような気がする。一応、病院では爪を深く切りすぎるな、ということであったが、爪が長く伸びすぎると安全靴の鉄の部分に当たって割れてしまうのだ。やはり、こまめに切るしかないであろう。

プロテクター付きの安全靴

会社から支給される安全靴が足の甲の部分のプロテクター付きのものに変わった。特に今のところ歩きにくいとか、足が痛いとかはないが靴底がやたらと滑りやすい。少し汚れた床の上を歩くと滑って転びそうになる。このタイプの安全靴を履いていて滑って階段から落ちた同僚のことを笑ったものであるが、私も他人事ではないかもしれない。気をつけよう。足に馴染むまでは要注意である。

関連記事

  • 3交替勤務で睡眠不足、寿命が縮む
  • 交替勤務をやめたい
  • 腱鞘炎,手首のサポーター,労災,アルコール
  • error: Content is protected !!
    PAGE TOP ↑