吸収合併でクビ転職、辞めるのは?


⇒転職シミュレーションをやってみる


こんにちは。管理人の転職王子、ヤメタイジョーです。今回は「吸収合併でクビ転職、辞めるのは?」というテーマです。

私はかつて自分自身の勤務先、あるいは取引先でいくつかの吸収合併を経験してきました。吸収合併を一言で表現するならば「御破算」です。特に吸収する方ではなく吸収される方、つまり消滅会社はそうです。今までの社内ルールや仕事のやり方などは、大きく変わります。

この社内ルールにはパワーハラスメントのやり方も含まれます。
これまではケガをさせない程度に殴る蹴るをしていたのが、厳しく禁止されるようになった。(当然なのですが)吸収合併以降は、パワーハラスメントを行う場合、深夜遅くまで残業させる(無論、残業手当はつきません)

部下の見ている前で罵倒、叱責される。始末書を何枚も書かされる、より陰湿な方法に変える、といった風にやり方が変わったこともあります。(こんなパワハラでうつ病患者が激増しました)

それで吸収合併が行われた後に、辞めることになった人たち、退職強要に追い込まれた人たちには、あるひとつの特徴があることに気付きました。

世の中には大きく分けて、スーツ、背広を着て仕事をする人たちと、会社の制服を着て仕事をする人たちがいます。

それで仕事をする際に、制服を着て仕事をする場合(工場などのメーカーが多いです)では吸収合併を機に会社の制服も一新されることが多いものですが、会社を辞めた人たちは、ほぼ間違いなく新しい会社の制服が似合わない。

もっと言うと新しい会社の制服を着ていることに違和感を感じさせる人たちでした。

「あの課長、新しいデザインの制服が似合わないね」なんて話題にのぼってから半年もすると、ものの見事に退職強要で会社から消えて行きました。

逆に違和感なく新しい制服を着こなしている人は、合併後の新しく名前の変わった会社でも上手く立ち回って仕事をしていました。

これについては、ほぼ一人の例外もありませんでした。理由はいったい何だろうか?と考えてみたのですが。。。。

>>>>>>>>>>

>>>>>>>>

>>>>>>

>>>>

>>>

私なりに考えた結果は、新しい会社の制服に馴染めない、似合わない人は合併後の新しい会社の波動、周波数についていけない人たちではないか?というのが辿り着いた結論です。

周波数、あるいは波動というものは目には見えませんが確実に存在します。

そして、この目に見えない周波数、波動の違いが可視化されたものが制服に感じさせる違和感ではないのか?そう考えたのです。


今回は分かりやすい例として会社の制服を挙げましたが、これ以外にも違和感を感じさせるものが、あるかもしれません。社員バッジ、名刺のデザイン、社用車のデザイン、あいさつの仕方、、などなど。

今では、この考えに確信めいたものがあります。もし、あなたが吸収合併後の会社で、新しいデザインの制服が似合わないと感じたら、あるいは人から言われるようになったら、退職の時期が迫っていることを自覚した方が良いでしょう。自分の波動、周波数に合った職場を探す必要が出てくるはずです。

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑