左遷、新入社員になった直後に


⇒転職シミュレーションをやってみる


オイ、「会議室に入れ」一軒目の営業先から帰社した私に上司である課長が言いました。

今日は果たして何を言われるのであろうか?新入社員時代の私は上司である課長に非常にビクついていました。営業成績が悪いとパワーハラスメント丸出しの行為を良くされたものです。

また仕事の不備を怒られるのかな?あるいは月末に向けての未達の営業ノルマのことか?

不安に思いながら会議室の椅子に座るとトイメンに座った課長が、翌年度からの人事異動、すなわち左遷を私に告げました。翌月より私は営業を外されるのです。翌月より、私は汚れの目立たない紺色の作業服に着替えて倉庫の仕事をしなければならないのです。

一応、表向きの理由は倉庫の作業員に「若い人間が戦力として欲しい」とか何とか、とってつけたような理由でしたが、そんなものは後付けの理由であることは明白でした。

「今回の人事異動について異論があれば、課長である私か、支店長にまで言いに来るように」という内容のことを言われましたが、特に異論などあるはずもない。取引先の人間を怒らせた時点で、私の左遷は決定したようなものでした。

会議室を出ると、業務連絡用の掲示板に次年度からの新体制を説明したA3の紙が貼りだしてありました。

周囲の冷ややかな視線が突き刺さります。「アイツ、左遷かよ」遠くで私のことを指さす係長がいます。この係長は私の先輩でしたが、私には非常に無関心な人でした。

この時は、自分としては非常にショックで学生時代に付き合いのあった人間に電話して相談しまくりました。相談したからといって「左遷」の事実が消えるわけではないのですが、誰かに相談すれば、今後の身の振り方の参考になるかもしれないという思いがあったことは間違いないでしょう。

不思議なもので、振り返ってみると「左遷」の事実は紛れもなく存在するのですが、その事実に今となっては感謝しています。

人生万事塞翁が馬とは良く言ったものです。合わない仕事を無理に続ける必要がないことを、この時の左遷によって学んだと今にしてみれば思うのです。

仕事を選ぶ時は、自分自身の適性を良く考えるべきですね。
「何をやりたいか」も大事ですが、「何をやらないか」「何をやりたくないか」をきちんと見極めることが就職、転職のコツではないでしょうか。

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑