教師を辞めたい。ある底辺高校教師の悩み


こんにちは。管理人の転職王子、ヤメタイジョーです。今回は高校教師の人から転職の体験談を寄せて頂きました。

私は私立の大学を卒業後、いくつかの職を経て、教員試験を受けて県立高校の数学教師として働くことになりました。安定した職業とされる公務員の身分を手に入れたのです。

教員試験を受けることを勧めてくれたのは大学時代のゼミの先生です。教員試験を受ける前は、地元の新聞社でアルバイトをしたりしていました。自分としては違うと思うのですが、世間的にはフリーターのように見えたかもしれません。親も、この当時は私のことを非常に心配していました。

それで、教員免許を取得した後の赴任先の学校ですが、いわゆる底辺校です。地元でXX工業高校といえばガラの悪さで有名です。言うことをきかない生徒なんか普通です。放課後に体育館の裏に行くと、タバコの吸い殻が大量に捨ててあったりします。

昔の学校の先生といえば反抗的な生徒には普通に体罰を加えたものですが、今の時代にそんなことをしたら新聞やテレビで叩かれて居場所がなくなります。頭の悪い、勉強の出来ない生徒ばかりを集めた学校ですが、生徒たちも、教員が体罰を加えることが出来ないことを良く知っています。そして、あえて兆発するようなことを言ってくるのです。ここでは言えないような罵詈雑言を浴びせられたこともあります。「やってられない」と思ったことも一度や二度ではありません。

実際に自分が高校教師になってみると、かつては怖かった体育教師のことが懐かしく思い出されました。

授業が成り立たないくらいなら、まだましです。 一番、身の危険を感じるのは卒業式です。複数の生徒に取り囲まれ、体育館の裏に連れていかれた同僚の英語の先生が肋骨を折られたり、腕の骨を骨折する現場を目撃した時には身震いしました。この後、警察が卒業式には来るようにはなりましたが、油断は禁物です。

まるで動物園で仕事をしているような錯覚に陥ることもあります。トラやライオンのような猛獣に対して言葉による説得が意味を持たないように、こうした生徒は何を言っても恐らくは無駄でしょう。
そして、卒業した後の生徒の進路ですが、さすが底辺校、背中に刺青を入れるホンマモンになってしまう生徒もいます。

もっとも大多数はトラック運転手や工場での仕事など、まとも?な職業に就くのですが。。中には借金取りになった生徒もいます。

そんなこんなで心身ともに疲れ、うつ病になる寸前まで追い込まれたような状況でしたが、大学時代の友人に勧められて転職サイトに無料登録しました。

結論から言うと、私は「予備校」に職を得ました。

予備校は目的を持った生徒しか来ません。動物のようなおかしなことをする生徒は一人もいません。教室内の治安は良好に保たれています。

また、予備校の授業料を出せる経済的な余裕のある家庭の子供しかいません。受付で名前を書けば誰でも入学出来る底辺校とは違います。

現在では予備校教師として平穏な毎日を送っています。

↓私が使った無料転職サイトは、こちらです↓

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑