男女共用兼用トイレの職場はイヤだ!

こんにちは。管理人の転職王子、ヤメタイジョーです。今回のテーマは「男女共用トイレがイヤだ!」です。

男性の方からは、あまり聞かれないのですが、女性の方からは良く、こういう声を聞きます。従業員の数が多い職場であれば「男性用」と「女性用」に分かれているものですが、従業員の数が少ない小規模の事業所ではトイレが男女兼用のことが多いものです。

これは大企業であっても地方の営業所などでは、たまにあることです。会社自体の社員数は多くても事業所の頭数(あたまかず)が少なければ珍しいことではありません。

かつて、私(ジョー)が働いていた小売業は会社全体では100名弱(パート含む)の従業員がいたのですが、ショッピングモールにテナントとして入っている店舗以外は全て男女兼用のトイレでした。

若い女性従業員からは使いにくいという意見があったようですが、どうしようもありません。女性従業員の中には近くのコンビニまで歩いて、トイレを借りる人もいました。

特に評判が悪かったのが「汚物入れ」です。嘘かマコトかは不明ですが、中年男の変態店長がトイレの掃除をするときに回収して持ち帰っているとか、盗撮カメラが設置されているのでは?なんて噂が流れたこともあります。

しかも、信じがたいことに、そのトイレは水洗ではなく汲み取り式のボットン便所だったのです。オーナーからすれば格安の物件だったので、その建物を借りて出店したそうです。月に一回、業者の人が回収に来ます。確か料金は一回、来てもらうのに5000円くらいだったはずです。

それで、外に回収用のマンホールだか、フタみたいのがあるのですが、たまに、この蓋が微妙に外れていることがあるのです。雨の日には、そのフタの隙間から雨水が入り込んだりするのです。

そうすると大変です。あっという間にくみ取りがいっぱいになって溢れてくるのです。
基本的に回収は月に一回なのですが、一週間に一回のペースで来てもらったこともありました。

それで一回、業者に来てもらうごとに5000円を支払うわけです。経費が増えると店長の機嫌が悪くなり、周囲に当たり散らすのです。これで職場の雰囲気が相当、悪くなりました。

また、この男女共同トイレは社員だけではなく、お客さんも使用することがあります。きれいに使ってくれる人ばかりとは限りません。

ある時、明らかに酒に酔った赤い顔のオッサンが「トイレを貸してくれ」と言って店に来ました。そのオッサンが使用した後を見ると洗面台に黄色い吐瀉物があふれていました。

オッサンの吐いた「ゲー」で洗面台の栓が詰まっているのです。仕方なしに私が手を突っ込んで掃除しました。この時のオッサンの顔は今でも覚えています。オッペけぺーみたいな顔でした。(余談かもしれませんが、私はこの小売業を辞めた後、メーカーに転職します。そこで、このオッペけぺーが派遣社員として入ってきました。ケジメを取りに行ったことは言うまでもありません)

また、このトイレはバックヤード(資材置き場)の裏にあったのですが、バックヤード奥には店舗の売り上げを保管する金庫が置いてある事務所があります。銀行が閉まっている土日や祝日、五月の連休などには結構な金額の売り上げが保管されていました。

それで、レジを締めて売り上げの集計をする時には、件の変態店長がお客さんが入って来ないように「トイレ しようきんし」と小学生のような汚いひらがなで貼り紙をしていました。

結論から言うと、この小売店舗はライバル店の出店攻勢に合い閉鎖されました。今どき、こんな汚い便所では客からもバカにされて当然でしょう。

その後、ライバル店を見に行ったら、やはり綺麗なトイレで男女が分かれたタイプのものでした。女性の立場からすれば、やはり男女共用トイレは気持ちの悪いものでしょう。 ましてや便所掃除までやらされたら、たまったものではありません。便器に張り付いたオッサンの陰毛の掃除なんてやってられませんよね。

↓トイレが男女共用でない会社に転職する↓

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑