嫌ならやめてもいいんだよ.斎藤一人.レビュー、感想

斎藤一人さんの著書で「嫌ならやめてもいいんだよ」という本があります。

なかなかの名著です。

この本を読み終わった時に一人さんの本ではないのですが、

この本に書かれていたことを思い出しました。

マレーシアでは気に食わないことがあると、すぐに従業員は辞めてしまうそうです。

当然、うつ病や過労死、サービス残業なんてものとは無縁の社会です。

実に人間らしい健康的な社会だと思いました。

学生の時に、この野本響子さんの本を読んでいたら、私もマレーシアに移住していたかもしれません。

一人さん風に言うならば、カメはかけっこではなく水泳で勝負しろ!向いていないことはするな、ということでしょうか?

斎藤一人さんの仕事観

銀座まるかんの経営者、謎の億万長者として有名な斎藤一人さんの仕事観というか、仕事というものについての考えを聞いたことがあります。

聞いたことがあると言っても、ご本人に直接お会いしたわけではありません。

CDというか音声で聞いただけですが。

これは良くある、市販されている書籍、本に付随しているCDではなく、銀座まるかんの代理店、特約店でのみ販売されているCDに収録されていた話です。

この斎藤一人さんのCDの販売価格は当時100円でした。現在でも販売されているか、販売価格はいくらかは不明です。


この一人さんのCDは100回聞きCDと呼ばれるもので全18巻でした。

第一巻から始まって全18巻を100回聞く。それから聞いた話の感想文を提出して、初めて次のCDが購入できるのです。

15分の音声を100回聞いたら1500分、25時間ほどになります。

長いものでは45分くらいのものもありました。

この場合は75時間くらいになる計算です。

私も全18巻を聞き終わるのに一年ほどかかりました。

しかも、次のCDを買うには聞いた音声の感想を提出しなければならないので、ただ聞いて終わりではありません。今、思えばこれはビジネスの世界で言うところのアウトプットなのかもしれません。。

それで、この100回聞きCDの音声の一つに、斎藤一人さんが仕事というものについて語った音源があるのです。

その内容はというと、人は、その人にぴったりな仕事に呼ばれるのだ。この職場は面白くない職場だなと思ったら、それはあなたが面白くない人間だからだ。

そんなに嫌なら仕事を変えれば?会社を辞めたいなら辞めれば良いじゃないかというと、いや生活があるから何とか、言い訳をする。

今現在、あなたがいる場所はあなたにピッタリな場所なのだ。

愚痴だけ言って辞めることも出来ない。
そんなグズなあなたにぴったりな職場なのだと。

あなたが、そこの職場にいるのは、まだそこで学ぶことがあるからだ。

それで仕事というのは魂の修行だから、というような内容でした。

 

これには私も思い当たる節があります。

自分にとって、腐れ縁としか言いようのない会社があったからです。

かつて、小売業ブラックで働いていたときのことです。

休日も、それほど多くなく、なおかつ土日ではなく平日しか休みがありません。
待遇も酷いものでした。

それで転職活動を始めたのですが、なぜかハローワーク、職業安定所に行くと犬のフンを踏んでしまったり、採用面接に行くため自動車を運転していると、交通事故(もらい事故)にあってしまうのです。

交通事故が起きた場合、警察に連絡して事故処理をしてもらう必要があります。

当然、先方の会社と約束した面接時間に訪問することは出来ません。

面接の約束は先方の会社の人事担当者に連絡してキャンセルになります。

何故か、目に見えない力が私を転職させないようにしているかのようでした。

この忌まわしくも不思議な体験をした後に、ある有名なタロット占い師に鑑定してもらったところ、「悪魔のカードが出た」と言われました。

この「悪魔のカード」というのは切っても切れない関係、非常に強い結びつき、腐れ縁を意味するというのです。

不倫や浮気をやめられない場合にも、この悪魔のカードが出ることが多いという話も聞きました。

しかしながら、来たるべき時間が来たら、当時働いていた小売業の店舗が閉鎖になり、簡単に辞めることが出来ました。

今思えば、非常に不思議な体験です。

振り返るとブラックな環境、店舗の閉鎖、会社の倒産、こうしたことを経験しなければならない運命だったのかな、という気がします。

CDについて詳しいことは、銀座まるかんの代理店に聞いて下さい。

error: Content is protected !!
PAGE TOP ↑