派遣社員と守秘義務違反


⇒転職シミュレーションをやってみる


こんにちは。管理人の転職王子、ヤメタイジョーです。しばらく前に話題になったこととして、銀行や証券会社の窓口スタッフが芸能人のお客さまについて、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルネットワークサービス、SNSで秘密を洩らしたということがありました。

「芸能人のXXが来た。預金残高がXXX円」とかいうヤツです。

当然ながら、これは守秘義務違反に相当します。裁判でも起こされて訴訟になれば確実に敗訴でしょう。ツイッターは炎上したといわれています。

この銀行の秘密を漏えいした人間は正社員ではなく派遣社員だったといわれています。
当然、クビになりました。


ホテルやレストランのスタッフでも、そうです。芸能人のXXという俳優とXXという女優が二人でやってきて、お酒を飲んでる、この二人はやっぱり、、、、なんてことをネット上に写真付きでアップしている人もいます。

当然、これも守秘義務違反にあたります。

そして、こうしたウェブ上で守秘義務違反をしている人には失礼かもしれませんが、圧倒的に派遣社員が多いです。もしかしたら、最初に業務を始める前の社員教育で、この辺のことをしっかり説明されなかったのかもしれません。

あるいは正社員との賃金格差に馬鹿らしくなって、このような行為に及んだのかもしれません。

最近では名門の老舗ホテルでも、一部上場の銀行などの金融機関でも、人件費を抑えるために派遣社員や契約社員、アルバイトを大量に採用していたりします。

それとともに仕事というか、サービスの質が落ちてきているように感じるのは私だけでしょうか?
派遣社員の人にしてみれば同じ仕事をしても、給料は遥かに安いわけです。「やってらんねー」という風になるのかもしれませんね。


サービスを提供する企業側も人間を使い捨てにするのではなく、永続的に顧客との信頼関係を築けるように、従業員を育てる方向で企業経営をして欲しいものです。

短期的な利益ではなく長期的な利益と言う観点から見ると、こちらの考えの方が合理的なように思えるのですが、どうでしょうか?

関連記事

  • 学歴差別
  • error: Content is protected !!
    PAGE TOP ↑